トヨタが生産する自動車生産台数は3,356,899台を超える勢い

国内で生産されている「トヨタ自動車」の生産台数は合計3,356,899台とされています。
その他、海外生産を併せると、生産台数は3,356,899台を超える勢いです。

 

そんな中で今注目を浴びているのが、2014年の 11月18日に世界初となる「トヨタ自動車の市販燃料電池車(FCV)」の「ミライ」がデビューする予定である。

 

「FVC」とは、水素と酸素の化学反応によって作り出す電気燃料電池で、これを使用することでモーターを回して走る自動車のことです。
走行時に水しか出さないため、“究極のエコカー”と呼ばれていますが、将来的にはガソリンスタンドで燃料を補給するのと同様に、FCV専用の水素ステーションで燃料となる水素を充填する仕組みになると言う事です。
販売先としては「FCV」の普及を目的にしている、「中央省庁、福岡県、九州大学」等の水素・燃料電池の普及に熱心な自治体や教育機関、水素ステーション設置で連携する岩谷産業などに限定されていると言う事です。

 

こうした、「未来の新型車」を研究するとともに、「安全で、安心な自動車」として、国内外を問わず、「トヨタ自動車」の販売台数は年々増え続けています。

 

トヨタでも1番の人気を誇る車種として上げられているのが、「ハリアー」です。
「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆的モデルとして開発され、後に世界中のメーカーから数多くの追随モデルが発売されて来ました。
近年の日本市場では、販売台数は少ないものの、世界市場における人気は絶大です。
全世界で累計1,000万台以上を販売しているトヨタのベストセラーカーとして、同社の屋台骨を支える世界戦略車であることは間違いありません。

 

また、「カムリ・ハイブリッド 」も国内外で人気の車種である為、世界でも数種類製造されています。
日本向けの現行モデルは敢えてハイブリッドの物を指し「カムリ」と呼び、国内での人気を上げています。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"