トヨタの期間工の労働環境はかなりいい

「トヨタ」の「生産ライン」で働く「期間工」の労働環境は、「かなり良い物である」と評価を受けています。

 

実際、「トヨタ」がスローガンとして掲げている言葉は「ムリ・ムダ・ムラの徹底的排除」となっています。

 

ですから、労働者である「期間工」に対しても、無理な作業を押し付けるようなことは全く無いそうです。

 

必ず、2時間の休憩時間を設ける他、残業に関しても、連日にならにように配慮されています。
また女性に関しては、「キツイ仕事」にあたると言う事で、「生理休暇」も設けられています。
これは決して、「女性蔑視」ではなく、「健康を守る為」の措置でもあるのです。
ですから、女性であっても、ほぼ男性と同様の仕事をこなしていると言う事でもあるのです。

 

現在、実施されている「トヨタ生産方式」は戦前のアメリカ自動車産業をモデルに作られたものです。
これは「7つのムダ」の削減、「ジャストインタイム」「標準作業時間」と言う、現場主義を自働化したものであります。

 

「トヨタ生産方式」と呼ばれる働き方は、現場の労働者と管理者は同じチームだと見なすことから始まります。
もし、労働者がミスをした場合、管理者がそれを罵倒するようなことは絶対にしません。
「どうしたら労働者が働きやすくなるのか」と言う事を、管理者自身が現場に足を運んで聞きに行き、それらを改善する事が、「トヨタ」のやり方なのです。

 

これらの、「トヨタ」の働き方は、世界でも初めての方式であり、世界から注目を浴びる事となりました。

 

これらの事で「トヨタ」の「期間工」は無断欠勤も少なく、労働者たちに仕事をすることが楽しみになるような環境づくりに心掛けているようです。
単に「物を生産する」のでは無く、「仕事の楽しみ」を与えてくれる環境とも言えます。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"