トヨタの製造ラインで働く人の収入はおおよそ400万円程度

「トヨタ」の製造ラインで働く人々には、「正社員」と「期間従業員」の二通りが存在します。
内容的には、ほぼ変わりは有りませんが、「期間従業員」であっても、「経験値」が高くなることで、信用度が高くなり「正社員登用」と言う条件がついています。

 

実際、高卒で、製造ラインで働く人の「月給」は、夜間手当や交代手当などの他にも、充実した福利厚生もありますので、名の知れぬ大学を出て、就職を探すよりも、はるかに、生活は楽にできます。

 

高卒で製造ラインに入れば20歳では、おおよそ400万円程度の年収が期待できます。

 

トヨタで「期間従業員」として働き、働きぶりが良かったことで実際に「正社員」に登用された方がいらっしゃいます。
現在は勤続20年になるとのことで、年収は800万円弱で、その内ボーナスは、年2回それぞれに120万円程度支給されているので、ボーナスだけでも240万円と言う事です。

 

ある企業が調べた「女性が結婚したい男性の企業ランキング」では、第1位として、「トヨタ自動車」があげられています。
これは、一般職での社員であれば最も給与は高いと言う事から来ているのでしょう。
女性にとって、子供が出来る事を考えると、真面目に働いてくれる「トヨタ社員」は非常に魅力的に感じるようです。

 

主任では平均800〜900万、一般社員は平均で700万円と言うのが、「トヨタ従業員」の30代の平均的な年収になります。
40代では、1,000万円年収と言う方も、ごく一部ではありますが、いらっしゃいます。

 

期間従業員の方でも「7か月」働いた方の総支給額は163万6670円だったそうです。
次際、「製造ライン」の仕事は「辛い・夜間勤務」などが有りますので、諦めがちな方もいらっしゃいますが、それをプラスに出来るだけのチームワークと、人と人の繋がりがとても密接で、働きやすい職場であることは間違いないようです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"