トヨタの期間工から正社員への道もあり!

「トヨタの期間工」の求人募集には、条件として「正社員登用制度あり」と記入されています。

 

以前までは、「リーマンショック」などの影響もあり、「期間工」自体の求人を減らす事や、ストップする期間が存在しました。

 

しかし現在は、「ハイブリッドカー」の導入などで、生産ラインで働く人材が「人手不足」の状況に陥っていることが現実です。

 

経験を積んだ「優秀な人材」を確保するためにも、正直「トヨタ」としては「期間工」は重要な人材なのです。

 

今までの「正社員登用」の条件としては、人事部が「勤続年数・勤務態度・技術」などが考慮をし、適任と思われる人物に、最終的に試験を受けることで「正社員登用」と言う事が段階的に決まっていました。

 

しかし現在では、企業体制も変わり、「現場での働き方」が重要視され、1年以上の勤続経験があり、「職場の管理監督者」の推薦と「本人の意思」が有れば、正社員登用を原則行う事が決定しました。

 

これは、「トヨタ」自体が、少しでも経験豊富で、優秀な人材を確保すつと言う意味合いも込められています。

 

今後は、「正社員登用」に上限は設けないと言う事も発表されています。
以前は、「正社員登用」の上限が設けられていたこともあり、せっかく育てた人材が、期間工を継続せず辞職してしまう例も度々ありました。

 

この様な現状を打破するためにも、「現場での状況を、いつも確認できる」と言う面で「職場の管理職」の推薦を重要視するようになったと言う事です。

 

「自動車の生産」にはいくつもの工程が存在します。
その工程の中には「熟練した経験者」の指導は欠かせない物でもあります。
少しでも「良質の製品」を生産する為には、「熟練工」の存在は欠かせない戦力でもあるのです。
その為、「正社員登用」は重要性な鍵となっているのです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"