トヨタの経営規模は本社はじめ、アメリカ、中国、その他海外!

現在日本を代表する企業である「トヨタ自動車株式会社」は、11代目社長「豊田章男」氏の基、33万8875人の従業員を抱える大企業です。

 

元々は、「豊田自動織機製作所」(現在の豊田自動織機)が母体となって設立された「自動車部門」でした。
当時の「豊田自動織機」社長の豊田佐吉の息子である「豊田喜一郎」が中心となり、義兄である「豊田利三郎」が社長として1937年に新会社「トヨタ自動車工業」を設立しました。
当時の呼び名は「トヨタ」では無く、「豊田」と書いて呼び方は「トヨダ」でした。
しかし、1936年に個人名から独立することで社会的発展を遂げる為、呼称を「トヨタ」と改めたと言う事です。

 

当初、所在地であった「挙母市」は、「トヨタ」の業績が上がったことで現在の「豊田市」へと、議会で名称が変更されるほどの勢力を持っていました。

 

毎年、グループ会社の連結売上は20兆円を超えると言われ、現在もその販売台数は、日本をはじめ、世界規模での売り上げが伸びている状況です。

 

しかし、そんな「トヨタ自動車」も順風満帆な時ばかりではありませんでした。

 

1982年に「トヨタ自動車工業」と「トヨタ自販」を合併させた後に、バブルの崩壊が大きな波となり、低迷の道を歩み始めました。

 

その後、1995年に「奥田碩」氏による「トヨタ再生」の試みの一つとして、「海外販路の拡大」が提案されました。

 

2004年には中国の「広州汽車集」との合併会社設立。
2006年には、アメリカテキサス州で「フルサイズ・ピックアップトラック」の市場にも本格参入しました。

 

更に、2013年には、「レクサスインターナショナル」を始め、4つのビジネスユニットが新設され、グループ年間の、総生産台数は、1011万7274台と、自動車業界では異例の生産台数を打ち出しました。

 

本社はじめ、アメリカ、中国、その他海外へも市場を広げ、現在でも大きく成長し続ける企業の一つです。


ホーム RSS購読 サイトマップ
"